スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ジュニア本因坊>神奈川の石原君が優勝(毎日新聞)

 ゆうちょ杯第13回ジュニア本因坊戦全国大会(毎日新聞社主催、全国こども囲碁普及会共催、日本棋院、関西棋院後援、ゆうちょ銀行特別協賛、郵便局会社協力)の2日目の対局が30日、さいたま市のラフレさいたまで行われ、神奈川地区代表の石原康佑君(横浜市立日吉台中3年)が5戦全勝で優勝した。石原君は8月の全日本アマチュア本因坊決定戦全国大会に招待される。

 小・中学生計32人が出場し、各5局打った。2位は大表拓都君(富山市立月岡中1年)、3位は中尾陽太君(北海道中富良野町立中富良野中2年)と植松勇太君(神奈川県横須賀市立上の台中3年)。初出場でジュニア本因坊位に就いた石原君は「逆転勝ちが多く、本当についていた。うれしい」と話した。

【関連ニュース】
囲碁:ジュニア本因坊戦開幕
囲碁:ジュニア本因坊戦全国大会 さいたまで開幕
特集:囲碁 ゆうちょ杯第13回ジュニア本因坊戦 32人が激突 29・30日、開催
囲碁:ジュニア本因坊戦全国大会 全国代表32人激突 さいたまで開幕 /埼玉
囲碁:ジュニア本因坊中国地区大会 広島の坂倉さん制す /岡山

郵政で紛糾 菅氏「聞いてない」亀井氏「耳が悪いんだよ」(産経新聞)
<掘り出しニュース>「TUBE」ふじさわ観光親善大使に(毎日新聞)
【あれから、15年 警察庁長官銃撃事件】(上)迷走の初動捜査(産経新聞)
首相動静(3月28日)(時事通信)
「ほっとした」「時間かかりすぎ」被害者ら語る 毒ギョーザ容疑者拘束(産経新聞)
スポンサーサイト

<EPA看護師>国家試験に3人が合格 狭き門に批判も(毎日新聞)

 看護師国家試験の合格者が26日発表され、日本で研修中のインドネシア人男女各1人とフィリピン人女性1人の計3人が合格した。経済連携協定(EPA)に基づき来日した候補者として初の看護師誕生となる。だが、針の穴を通すような狭き門。多くが不合格で帰国すると国内外で批判が高まりそうだ。【有田浩子、岡田英、古賀三男】

 合格したのは、インドネシア人のヤレド・フェブリアン・フェルナンデスさん(26)=新潟・三之町病院▽リア・アグスティナさん(26)=同▽フィリピン人のラリン・エバー・ガメドさん(34)=栃木・足利赤十字病院。

 試験は先月21日にあり、両国の看護師候補者のうち約7割の254人が受験した。日本人を含めた看護師の全国平均合格率は89.5%だった。

 「すっごくすっごくうれしいです」。会見したアグスティナさんは両手を大きく広げて喜んだ。母国の弟と妹にメールで報告したという。フェルナンデスさんも「病院の人の応援があって合格できた」と話した。2人は母国で看護師を2~3年経験し08年に来日した。午前中は仕事をし、午後に約4時間、病院スタッフ1人がついて試験勉強や日本語の指導を受けた。

 昨年2月の国家試験では受験した82人が全員不合格で、来日3年以内に合格できなければ帰国となる。第1陣(08年8月)のチャンスはあと1回だ。アグスティナさんは「みんな一生懸命勉強するので期限を延長してくれませんか」と話した。

  □   □

 EPAの受け入れをめぐっては、病院・施設まかせで「日本語支援が不十分」(平野裕子・九州大准教授)という指摘があった。インドネシアのマルティ・ナタレガワ外相も今年1月、岡田克也外相との会談で「漢字が難しい試験を改善してほしい」と求めている。

 ◇ことば・EPA

 2国間の経済連携を強化するための協定で、看護師・介護福祉士候補者の受け入れも含まれる。

 インドネシア人候補者は08年8月から、フィリピン人は09年5月から受け入れ、両国合わせ看護師候補者約360人、介護福祉士候補者約480人が来日した。半年間の日本語研修の後、日本の病院・施設で働きながら国家資格取得を目指す。介護福祉士は実務経験3年が必要で1回しか受験できない。

【関連ニュース】
赤松農相:EPA交渉早期再開を 韓国閣僚と確認
ドイツ:議会与党トップ「EVの規格標準化、日独連携で」
経団連:アジア・ビジネス・サミットで提言
日韓EPA:交渉、早期再開を 赤松農相、韓国閣僚と確認
アジア・ビジネス・サミット:鳩山首相が経団連初訪問 政と財、ジリジリ接近

学力テストの入札手続きを検証、文科相が意向(読売新聞)
生方氏解任「やむを得ぬ」=民主・細野氏(時事通信)
生方副幹事長は続投=小沢氏、解任方針を撤回-民主(時事通信)
銭湯 三重・答志島で140年 「元湯」が廃業(毎日新聞)
首相VS亀井の「水掛け論」 郵政改革案で内閣大混乱続く(J-CASTニュース)

米医療保険改革を評価=長妻厚労相(時事通信)

 長妻昭厚生労働相は23日の閣議後記者会見で、米国のオバマ政権の最重要課題である医療保険改革法案が下院で可決、成立が確実になったことについて「米国もやっと皆保険にかじを切った。社会保障はナショナルミニマムを確保していくという世界の潮流が米国にも押し寄せた」と評価した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<高木美帆選手>1人の「卒業式」…北海道・札内中(毎日新聞)
年金詐取し上納 弘道会系組長ら再逮捕(産経新聞)
亀井氏、「自主防衛力の強化を」(産経新聞)
東大 2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)
<世界の富豪>「グリー」の田中社長が仲間入り(毎日新聞)

スーツ姿で空き巣200件 容疑の無職男を逮捕 警視庁(産経新聞)

 空き巣をしたとして、警視庁捜査3課は窃盗などの疑いで、栃木県那須塩原市、無職、西浦正美容疑者(50)を逮捕した。同課によると、西浦容疑者は犯行時、警察の職務質問を逃れるためにスーツ姿で会社員を装っていた。

 同課は西浦容疑者が昨年6月から東京都や千葉県、栃木県で空き巣約200件(約5000万円相当)を繰り返したとみている。

 逮捕容疑は今年2月19日、宇都宮市の男性会社員(56)方に侵入し、指輪3個やネックレスなど11点(約6万円相当)を盗んだとしている。西浦容疑者は容疑を認めている。

【関連記事】
「他にも100件ぐらいやった」 窃盗容疑で男再逮捕 東京や埼玉で空き巣繰り返す?
TVで間取り紹介直後…人気洋菓子店「マダムシンコ」会長宅に空き巣、3億円被害
“泥棒目線”の防犯対策が重要 ベテラン刑事に聞く空き巣対策 
「都内で空き巣100件」窃盗で逮捕の男供述、被害総額650万円の犯行裏付け
各地で暗躍「資産家窃盗団」ヤミで情報入手、その手口とは

<粉飾決算>「ニイウスコー」元会長ら告発 証取法違反容疑(毎日新聞)
9500万円減額の修正予算案可決=竹原市長はまた欠席-阿久根市議会委(時事通信)
郵政改革、24日に骨格発表へ=原口総務相らと詰めの協議-亀井担当相(時事通信)
遺体を取り違え 都監察医が解剖 警視庁誤搬送(産経新聞)
<お別れの会>村松巌さん=4月5日、仙台勝山館で(毎日新聞)

<外壁材落下>重さ4キロ、強風で? 北九州市の高架橋(毎日新聞)

 21日午後4時ごろ、北九州市小倉北区砂津の山陽新幹線の高架橋から10メートル下の市道に、樹脂製の外壁材(縦1.6メートル、横2.4メートル、厚さ1ミリ)が落ちているのを、通行人が見つけた。外壁材は13片に分かれ、重さは計4.1キロ。けが人や列車への影響はなかった。JR西日本は強風ではがれた可能性もあるとみて原因を調べている。

 同福岡支社によると、現場はJR小倉駅の東約500メートル。外壁材は89年10月、コンクリート劣化防止のため高架橋の外壁部分に塗り付けられた。目視検査は年3回あり、昨年10月の点検で異常はなかったという。

 また、同様の外壁材は関門トンネル(北九州市)-博多南駅(福岡県春日市)間の143カ所にあり、点検する。

【関連ニュース】
「日勤教育」訴訟:JR西の上告棄却 賠償命令が確定
山陽新幹線:「のぞみ」で異音 6本で最長約40分の遅れ
「のぞみ」発煙:歯車箱の破損は部品脱落が原因
のぞみトラブル:オイル漏れ感知せず
異臭:最新型「のぞみ」で 車輪の歯車箱破損 山陽新幹線

禁輸案可決なら再投票要求=クロマグロで徹底抗戦-水産庁長官(時事通信)
副検事「作文や脅迫していない」…郵便不正公判(読売新聞)
定昇は維持、一時金満額割れも…春闘一斉回答(読売新聞)
「自殺手助け」「殺人請負」…サイト摘発に難しさ(読売新聞)
来週にも谷垣-与謝野会談 邦夫氏は「あわてない、急がない」(産経新聞)

「ニッポンは不死鳥」 インドのビジネスエリート、モノづくりを学ぶ(産経新聞)

 世界に優秀な人材を供給していることで知られる「人材大国」インド。その中でも、これからの製造業を担う若手エリートビジネスマン30人が、“モノづくり”を学ぶために訪日した。経済の低迷が続き、閉塞(へいそく)感が漂う日本。彼らが分析する「ニッポン」の強みと弱点は、これからの日本が進むべき道を示してくれているようにも映る。(豊吉広英)

 ■スーパーエリート集団

 「ハイ、ワラッテ!」

 今月7日、東京・両国駅そばの江戸東京博物館。覚えたての日本語で来場者に写真撮影を頼んでいるのは、国際協力機構(JICA)が支援する「インド製造業経営幹部育成支援プログラム」(VLFM)の若手管理者育成コースで学び、その一環で来日した30歳前後のビジネスエリートたちだ。

 いずれもインドの一流大学を卒業し、有名企業で数年間働いた後、さらに高度な能力と資格を得るため、職を辞してVLFMに参加。約1年間にわたりインドトップクラスの3大学で日本の製造業の経営手法などを学んできた。来日はプログラムの卒業研修旅行と位置づけられ、大手企業の工場見学や、興味のある分野の自主研究などの日程が組み込まれた。

 この日の課題は「ディス・イズ・ジャパン」と「日本人の笑顔」というテーマで写真を撮ることだ。

 元気なお年寄りをカメラに収めたアンシュマン・スリバットサバさん(31)は「戦争を経験した後、製造業を中心にここまで経済発展した日本はフェニックス(不死鳥)。その日本を作り上げ、今も元気なお年寄りもまた不死鳥のような存在」と話した。

 ■モノづくりのDNA

 IT(情報技術)産業や金融などでは世界の先端を行くインド。だが製造業はその後塵(こうじん)を拝してる。国の産業基盤である製造業を担い、祖国の発展に尽くそうとする彼らの視線は「モノづくりの国」に向かう。

 「JICA研修所の部屋やトイレの使い方を説明する絵や説明文が分かりやすくて機能的だ」。参加者唯一の女性、ナガ・ガヤトゥリさん(29)はそう語った。「日産の工場に行ったとき、見送りで見えなくなるまで手を振ってくれた。こうした細やかな心遣いがモノづくりにつながるのでは。インド人には数学が得意なDNAがあり、日本人にはモノづくりのDNAがあるようだ」とも。

 VLFMのチーフアドバイザー、司馬正次筑波大名誉教授は「彼らが指摘するのは日本の『規律の順守』『高い道徳心』『顧客第一の姿勢』などいずれも製造業の基本となる考え方」と指摘。「モノづくりの文化の背景には、こうした精神が潜在的にあると考えたのではないか」と推測する。

 ■盆栽に見る日本の弱点

 日本を象徴する文化に、「日本の製造業の弱点が重なる」という声もあった。

 「盆栽で印象的なのは大きな実も大きな葉もできないところ」と語るのは自主研究で盆栽と製造業のさまざまな過程を比較したニティン・ガルグさん(33)だ。小さい鉢で日々成長する草木を観察し、植え替えや剪定(せんてい)、整形など長い年月をかけ改良を続けていく過程などを専門家から聞いたガルグさんは「日本の製造業で用いられる『カイゼン』に似ている」と感じたという。そのうえでこう指摘した。

 「過去の過程に重点を置きすぎ、新しい物事に踏み出せないときがある日本の製造業に通じる弱点もあるのではないか」

 司馬教授は「歴史や過去の過程を大事にするなど、日本とインドは共通点が多い。彼らの指摘で気づかされることも多い。こうした考察は日印関係にも好影響をもたらす」と話している。

【関連記事】
経団連会長「アジアが牽引役」 財界サミット初会合
「初めて海外進出カンボジア編」 無料セミナーを東京・大阪で開催
国際協力分野に必要な資質は JICAが社会人向けセミナー
JICA、途上国インフラでCO2削減へ 仏と協力 測定手法を策定
海外向け防災研修で初のNGO支援研修開講へ
20年後、日本はありますか?

<鳩山首相>「弟・邦夫氏と連携するつもりもない」(毎日新聞)
「口、鼻、耳から血が流れ…」再現される秋葉原殺傷事件の惨状(産経新聞)
誤給油故障、後絶たず… セルフ式は慎重に(産経新聞)
自民党苦悩 反執行部キーマン3人の行動パターンは…(産経新聞)
「文化が滅びる」――都条例「非実在青少年」にちばてつやさん、永井豪さんら危機感

<枝野行政刷新担当相>独法保有の国債「全額返させる」(毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は10日の衆院内閣委員会で、独立行政法人(独法)が全体で保有する国債の残高が08年度末で約4兆5000億円に達することを明らかにした。独法は4月の事業仕分け第2弾で、仕分け対象となっており、「国からのお金をため込んで、国債を買っているのはあってはならない。原則全額を返させる」と述べ、保険金や退職金の運用を業務とする独法を除き、返還を命じる方針を示した。中川秀直氏(自民)への答弁。

 独法の一部には、国の出資金や交付金のうち、事業で使い切らなかった余剰資金を国債で運用している法人があり、「余剰資金があるなら返還するのが筋だ」との批判があった。【坂井隆之】

【関連ニュース】
枝野担当相:事業仕分け第2弾対象選定開始 50法人公表
枝野行刷相:事業仕分け第2弾、1年生議員もOK
民主党:枝野氏が県連代表を辞任…政務三役との兼任解消
枝野担当相:各省へのヒアリング開始へ 仕分け対象選定で
民主:「七奉行」が会合 参院選に向け意見交換

グループホーム運営会社など捜索へ=入居者2人の身元確認-7人死亡火災・道警(時事通信)
仕分け第2弾、歳出の大幅削減は期待薄(読売新聞)
千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕へ(時事通信)
大阪のドラム缶夫婦遺体、証拠の血痕・毛髪紛失(読売新聞)
民主 国会改革で全体会議 単独提案も視野(毎日新聞)

火災 老人介護施設全焼 入所者7人死亡、2人けが 札幌(毎日新聞)

 13日午前2時25分ごろ、札幌市北区屯田の老人介護施設「みらい とんでん」内部から出火し、木造2階建ての建物をほぼ全焼した。この火事で、入居者7人が死亡したほか、施設の女性職員と入居者の2人がけがをした。札幌市消防局によると、女性職員から「ストーブから出火した」と119番通報があったという。

【関連ニュース】
火災:民家焼き幼い兄弟死傷 北九州
火災:2階建て住宅全焼 男性の遺体発見 横浜市港南区
火災:アパートなど5棟燃える けが人なし 東京・杉並
工場火災:東大阪市で700平方メートル全焼 けが人なし
博多火災:被災ラーメン店1週間ぶり再開

知人男に懲役1年=押尾被告に麻薬譲渡-東京地裁(時事通信)
<最終列車>「北陸」「能登」に撮り鉄多数 JR西は警戒(毎日新聞)
「被害感情の過大視」否定=裁判員判決で控訴棄却-仙台高裁(時事通信)
郵便不正「凛の会」発起人 偽証明書提出認める初公判(産経新聞)
<雪崩>巻き込まれて76歳男性不明 山形の熊野岳(毎日新聞)

<北教組事件>小林議員地元入り 進退「確認のうえで判断」(毎日新聞)

 北海道教職員組合(北教組)の違法献金事件で、民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=は6日、陣営の会計責任者らが逮捕されてから初めて地元入りした。江別市内の後援会事務所で記者会見した小林氏は進退について、「起訴内容を確認したうえで判断したい」と述べるにとどまった。

 小林氏は地元の民主党道議らと今後の対応を打ち合わせた後、記者団の質問に応じた。北教組側からの資金提供については「まったく聞いていなかった」と釈明。会計責任者らへの監督責任については「道義的責任、政治家としての責任はあると思う」と述べた。【久野華代】

【関連ニュース】
北教組事件:参院選への影響「ないと言えぬ」連合会長
北教組事件:会計書類一部処分か 地検が捜索、見つからず
北教組事件:木村容疑者「個人的にお願いした資金」と供述
北教組事件:小林議員が陳謝 会計責任者など4人逮捕で
北教組事件:書記長ら2人で資金捻出 組織的に引継ぎか

<官房機密費>首相、公開方法の検討を指示(毎日新聞)
蓮池さん、新潟大大学院へ=韓国・朝鮮史を研究-新潟(時事通信)
【Web】五輪フィギュア女子にネットも最高潮(産経新聞)
<東金女児殺害>公判での客観証拠重視を要望 福祉連盟(毎日新聞)
隣家の男に切られ負傷 大阪・寝屋川(産経新聞)

民主・小林千代美衆院議員、「聴取の要請があれば受けたい」(産経新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)は9日午前、北海道教職員組合(北教組)が1600万円を小林氏の選挙陣営にする不正な資金提供事件をめぐる札幌地検からの任意の事情聴取について、「要望があれば受けたい」と述べた。国会内で記者団に答えた。

【関連記事】
小林千代美議員に北教組の資金提供事件で任意聴取要請
北教組“ヤミ協定”交渉で道教委突き上げ… 逮捕の組合幹部も参加
再び北教組の深い闇 「校長交渉」などあり得ない!
小林千代美議員、地元で「進退、今は判断できない」
関係者激白…違法献金の小林議員は「パン屋のおばさん」

遅刻の弁解「みっともない」=首相らに苦言-江田議長(時事通信)
海を渡った日本の絵本(産経新聞)
無償化へ朝鮮学校側が“攻勢” 社民は首相に生徒との面会要請(産経新聞)
日本人の3割超が花粉症(医療介護CBニュース)
監禁致傷容疑で4人逮捕(産経新聞)

<プルサーマル発電>伊方原発3号機「臨界」に(毎日新聞)

 四国電力は2日、前日にプルサーマル発電を起動した伊方原発3号機(愛媛県伊方町、加圧水型、出力89万キロワット)の原子炉で、同日午前4時50分に核分裂の連鎖反応が一定になる「臨界」状態に達したと発表した。

 臨界は、原子核の分裂が連続で起こることで、発電に必要な大きなエネルギーを出す状態。MOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料を使用して臨界に達したことで、昨年11月の九州電力玄海原発3号機(佐賀県)に続く国内2例目となるプルサーマル発電の準備が整った。

 四電は4日朝、送電を開始し、30日から営業運転を始める予定。【栗田亨】

【関連ニュース】
プルサーマル発電:伊方原発3号機が起動 国内2例目
プルサーマル計画:福島県知事が受け入れ表明…条件付きで
プルサーマル発電:市民団体が中止求める 保安院に要望書
プルサーマル計画:伊方原発3号機で送電開始へ
四国電力:伊方原発3号機 MOX燃料取り付け作業始める

女性下着会社に業務停止命令=会員が虚偽内容で勧誘-北海道経産局(時事通信)
牛丼店に強盗、90万円奪う=栃木(時事通信)
雑記帳 八光さんらが「落語まつり」の宣伝隊結成 大阪(毎日新聞)
朝の京阪電車踏切で女性死亡 1万1千人に影響(産経新聞)
過去の雪渓崩落事故、データベース化…新潟大(読売新聞)

中央リニアのルート議論へ=交通政策審部会が初会合(時事通信)

 中央リニア新幹線(東京-大阪)建設の是非を検討する交通政策審議会鉄道部会の初会合が3日開かれ、JR東海の計画をめぐる議論が始まった。国土交通省の三日月大造政務官は「東京-大阪という区間に限らず、将来的にどこまでつないでいけばいいかという視点も必要」と指摘。さらに、国交省はJR東海と長野県の間で意見が割れているルートの選定に関しても議論を求めた。
 同日は、国交省が中央リニアの概要を説明。委員からは、「航空や道路行政の動向なども含め、需要予測に矛盾が生じないか、総合的に検討すべきだ」「リニア建設の国家・国民的意義を分かりやすく説明できなければいけない」「リニア輸出という産業政策面の検討も必要」などの意見が出された。 

【関連ニュース】
リニア計画、交通政策審に諮問=国交相
神奈川-山梨間の前倒し開業も=リニア計画でJR東海会長
「実現へ一歩近づいた」=リニア報告書提出で名古屋商工会議所会頭
中央リニア、国が審議本格開始へ=JR東海が報告書提出
中央リニア報告書、24日提出=JR東海

<雑記帳>しょっつるパン発売 秋田(毎日新聞)
体長7センチ!度胸試し? 90種を一堂に「ゴキブリ展」(産経新聞)
里見女流名人初の“コスプレ”一日消防署長(スポーツ報知)
自宅たまり場に大麻吸引=少年ら4人逮捕、家出中学生も-大阪府警(時事通信)
設備投資、17.3%減=10~12月期の法人企業統計-財務省(時事通信)

コンビニ強盗未遂で男子高校生ら2人逮捕 大阪(産経新聞)

 大阪市東住吉区のコンビニエンスストアから現金を奪おうとしたとして、東住吉署は27日、強盗未遂の疑いで、同区照ケ丘矢田、無職、安井優作容疑者(21)と、同区内の府立高校3年の男子生徒(18)を逮捕した。同署によると、2人は「遊ぶ金が欲しかった」「借金があった」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、27日午前4時半ごろ、東住吉区湯里の「セブンイレブン大阪湯里5丁目店」で、アルバイトの男性店員(35)に包丁を突きつけ「札束と500円を入れろ。でないと刺し殺す」と書かれた紙を見せて脅迫。店員が警備会社に通報して事務所に逃げ込んだため、何も奪わずに逃走した、としている。

 店の前に自転車2台が残されており、署員が防犯登録の住所を調べたところ、男子生徒の自宅にいた2人を発見して逮捕した。

【関連記事】
「プチぼったくり」横行 被害者男性が語る衝撃手口
遊ぶ金欲しさから強盗殺人…初主演→即引退の異色俳優とは
入れ墨彫り師宅で強盗ビックリ逮捕 女性施術中、一喝され
強姦、傷害、食中毒…ペッパーランチ社長のブログ大炎上
特盛りもタダ食い…牛刀で牛丼店員脅し「金を出せ」

女性保育士が虐待?園児の口に粘着テープ(読売新聞)
<津波>高知・須崎でも120センチ 引き続き警戒呼び掛け(毎日新聞)
ジブラルタ生命 3665人分の顧客情報紛失 パソコン盗難(産経新聞)
子供守る目 住宅地にカメラ 大阪・寝屋川で運用(産経新聞)
<大津波・津波警報>鉄道24路線、東名高速などに影響(毎日新聞)

避難時期、「自分で判断」は2割=豪雨災害世論調査(時事通信)

 内閣府は25日、台風や集中豪雨の際の避難に関する世論調査の結果を発表した。避難行動を始めるタイミングを聞いたところ、市町村が「避難勧告」などを発令した時と答えた人が77.2%を占め、「自分で判断する」は20.0%にとどまった。
 調査は1月14日から同24日にかけて、全国の成年男女3000人を対象に実施した。有効回収率は63.9%。
 市町村の情報に従って避難を始めるタイミングの内訳は、高齢者らに避難を促す「準備情報」の発令時が26.3%、「避難勧告」は34.8%、勧告より緊急性がある「避難指示」は16.2%だった。「避難しない」は1.5%。
 今後充実してほしい対策(複数回答)は、「避難場所の整備」47.0%、「気象情報」43.6%、「適切な避難勧告などの発令」41.7%などが多かった。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

餅米の里に誕生「お祝い餅つき隊」4人づき参上(読売新聞)
ミンゲレリア人
<国公立大2次試験>看護、教員…資格取得の学部が人気(毎日新聞)
議運筆頭に高木氏復活「知事選優先」と自民批判(読売新聞)
<雑記帳>「餅上げ力奉納」で新記録 京都・醍醐寺(毎日新聞)

郵政民営化の危機=自民・中川氏(時事通信)

 自民党の中川秀直元幹事長は24日午後、参院議員会館で開いた自身が主宰する勉強会であいさつし、政府が郵政民営化を抜本的に見直す法案を今国会に提出することに関し「改革の本質的なものが異常な危機にさらされている。官製企業が肥大化していくようなことを許してはいけない」と述べ、成立阻止に全力を挙げる考えを強調した。勉強会には、菅義偉元総務相や塩崎恭久元官房長官ら約30人が出席した。 

「竹島の日」記念日制定は考えず 官房長官(産経新聞)
<鮎川信夫賞>谷川俊太郎さんの作品に決まる 詩集部門(毎日新聞)
<お別れの会>山本雄二郎さん 3月15日に東京で(毎日新聞)
「持ち直し」の基調判断を維持=2月の月例経済報告-内閣府(時事通信)
アン・カリー

「借りたカネ」の著者追起訴=不動産会社に脱税指南-さいたま地検(時事通信)

 ベストセラー「借りたカネは返すな! 」の著者が脱税を指南したとされる事件で、さいたま地検特別刑事部は23日、法人税法違反罪で、経営コンサルタント会社「セントラル総合研究所」社長八木宏之容疑者(50)を追起訴した。
 また顧客の不動産賃貸会社「シャルマンリッチ」(神戸市中央区)の副社長ら2人と同社も同罪で起訴した。地検によると、3人とも起訴内容を認めているという。
 起訴状によると、八木容疑者らは共謀し、シャ社の2006年2月期の所得が約1億1431万円だったのに、約929万円だったとする虚偽の法人税確定申告書を提出し、法人税約3150万円を脱税したとされる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
脱税で弁護士ら逮捕=20億円所得隠し
シティ元幹部に脱税容疑=1億3000万円隠し告発
子ども手当に異論相次ぐ=衆院予算委が地方公聴会
外資系証券元部長を脱税容疑で告発=社員100人超の申告漏れも指摘

「天皇の公的行為について」の政府見解全文(産経新聞)
衆院議長不信任決議案を否決(産経新聞)
小・中・高も一緒、駅前キャンパスは「防災拠点」 関大が竣工式(産経新聞)
7億円超脱税容疑で弁護士ら3人逮捕 特捜部(産経新聞)
<普天間移設>改めて県内移設の可能性示す 平野官房長官(毎日新聞)
プロフィール

Author:いとうこういち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。